動画を作る注意点

動画を撮る時の注意点

企業での動画を作成する場合、伝えたい情報量が多くて長くなりがちです。
また多くの情報を短い時間でたくさん伝えても中々理解しにくいものです。
ある程度情報を絞ってわかりやすく伝えることが必要です。
また、理解をしてもらうために事例や比喩を使用する場合演出が多すぎるとかえって全体の流れがわかりづらくなります。
実際動画を撮る場合、ビデオカメラの操作も簡単にはなっていますが、カメラの機能を多用したり動かしすぎて画面酔いを引き起こさないように出来るだけカメラは固定して撮影するようにしましょう。
専門用語が多くなる場合がありますので注意しましょう。
説明するのにテロップが必要な場合もありますが、文字は多すぎると動画の情報と混在して理解しにくくなります。
いらない音声まで入ってしまうこともありますので音量やノイズなどの設定方法を調整しながら撮影しながら収録音を確認することも必要です。

プロに頼んだ方がいい動画は?

・会社紹介
B to B企業の場合、イメージアップにつながる良質な動画でアピールする企業が増えています。
企業そのものにも興味をもってもらうためです。
つまらなかったりセンスがない動画だとマイナスになる場合がありますので、会社のプロモーションビデオはプロに依頼する方がよさそうです。
企業のブランドイメージはスタイリッシュにするのか親しみをもたせたユニークなものにするのかなどイメージを明確に伝えることが大切です。
・商品紹介
多くの情報を決められた時間で伝えることが必要で、見る人の印象にもしっかり残さなくてはなりません。
SNSでなら企業内で製作した動画でも親しみをもってもらえるかもしれませんが、インターネット広告などでは、クオリティの高い動画が必要となってきます。
これらは動画制作会社へ依頼するべきではないでしょうか。