社内で作れそうな動画は?

マニュアル動画・インタビュー動画

・マニュアル動画
商品・サービスの使用方法を説明するのに動画で実際に使ってみるようすが紹介していきましょう。
使用方法が難しい場合、例えばアプリケーションなら設定やインストールの方法、化粧品なら実際にメイクをしていく動画、キッチングッズなら実際に料理をする動画。
冊子にするとかなりの量のものでも動画ならわかりやすいですよね。
・インタビュー動画
実際に使用しているお客様のインタビューを撮影し、配信することで、文章や写真で紹介するよりも生の声の方がリアリティーがありますよね。
また、実際に商品開発をした社員が商品への思いやアピールポイントを伝えるのも信頼性につながります。
インタビューやマニュアルの製作は何度か撮り直しが可能ですので企業内担当者でも取り組み易いのではないでしょうか。

講習会やセミナー・会社案内

講習会などは、講師・ホワイトボードなど撮影範囲が決まっていることが多いので、撮影しやすいといえるでしょう。
動画の方が興味をもってもらいやすいですし、理解しやすいですよね。
展示会では、ブースの商品や集客状況などがリアルタイムで配信できます。
事業内容や企業理念などを正しく理解してもらうのにも動画が効果的です。
外部からは見えない工場や施設の内部・設備・サービスなどを動画で具体的に伝えることで信頼感に向上するのではないでしょうか。
また、採用活動においてもこうした案内は企業の認知や興味喚起につながっていきますので効果が期待できます。
しかしセミナーや講習会などは撮り直しが出来ないものは、ある程度慣れてからでないと難しいかもしれません。