様々な企業が動画を活用しています

必要な道具をそろえよう

・カメラ
ある程度画質が必要ですので、高性能なカメラを用意しましょう。
・ビデオ用三脚システム
録画中、カメラを動かすときに手振れを防ぎ画像を安定させるために必要です。
・マイク
「ガンマイク」は、マイクが向いている方向の音を拾ってくれます。
動画の音声のノイズが気にならなくなり声を上手く録音するためには必要です。
「ワイヤレスピンマイク」は、説明会や講演など動きに制限なくはっきりと声を録音できます。
・ライト
暗い場所や室内などでは、ライトを照らすときれいな動画が撮れます。
・動画編集ソフト
動画や音楽を結合させたり、色調を補正したり見やすいように編集します。
無料ソフトでもたくさんの編集機能が可能ですので、一度ダウンロードして試してみましょう。

カメラを選ぼう

・業務用ビデオカメラ
動画の撮影が簡単でとても使いやすいのでおすすめです。
ガンマイクを取付ができますので、ノイズが無く録音できます。
動きながらでも撮影がしやすく、レンズ一体型ですので交換する必要がありません。
・一眼レフカメラ
写真を撮りたくて購入する方が多いですが、最近動画撮影の機能が充実してきました。
一眼レフの方が高画質であることでYoutuberには人気があります。
レンズを変えることが出来ますので、ボケの表現だと背景をボケさせて人や商品などを強調できますし、魚眼レンズ・広角レンズなども使えます。
センターサイズが大きく、室内や夜間でも撮影がしやすいですが、ビデオカメラと比べて設定や扱いが難しいので練習が必要となります。