社内で動画を作ってみよう

スマートフォンの普及に伴い、動画コンテンツに接することが多くなってきました。
個人でもブログやSNSや画像や動画の共有サイトなどで動画をアップする人も増えてきています。
企業では、どのように動画を利用しているのでしょうか。
社内向けでは、社内研修での利用が多いようです。
新人研修の場合は、社長からの挨拶・社内の各部署を案内したり仕事の内容などを紹介することが出来ます。
小さな会議室での講義でしたら、簡単に録画できそうですよね。
現社員に向けては、技術面、例えば新しいアプリケーションの説明などマニュアルとして使用すれば、一度動画に録画すればたくさんの人に各々に指導しなくてもいいですし、指導内容も統一化されます。
テキストとして学ぶよりも実際の作業している動画で説明する方がわかりやすいですよね。
また、動画を作成しておけば、何度も利用できますので人件費のコスト削減にもなります。
では、社外向けでは、どのようなことに利用されているのでしょうか。
会社の紹介・商品・サービスの紹介などがあります。
自社のホームページであったりSNSであったり目的によって活用シーンはあります。
しかし、これらの動画は社内で作成してるのでしょうか。
SNSや動画投稿サイトならば、個人の投稿も多いので社内で作成したものでも自主制作だからといって特に見劣りはしないと思われます。
商品広告などはどうでしょうか。
安っぽいものでは商品のイメージダウンに繋がるということで凝ったものを作りたいと思う企業が多いのではないでしょうか。

様々な企業が動画を活用しています

最近はスマートフォンやビデオカメラで家庭用の動画を作る機会も多いのではないでしょうか。 プロの動画制作会社に頼まなければならないものもありますが、企業内で比較的簡単に作れそうな動画を作ってみましょう。 まず、道具はどのようなものが必要なのか調べてみましょう。

社内で作れそうな動画は?

動画の種類によって難しいものもありますが、動画によっては社内でも出来るものはあります。 慣れないうちは時間や労力がかかりますが、何度か作って構成を定型化すれば、スピードアップにもつながります。 最初はどのような動画から作っていけばいいのでしょうか。

動画を作る注意点

企業外への動画は、主にマーケティングで活用されています。 消費者やビジネスユーザーに向けて商品の紹介が多いようです。 SNSやホームページに対してインターネット広告など多岐にわたりますが、わかりやすくコンパクトに商品をアピールするのは難易度が高そうです。